中国電視韓国支社がNAVER中国チャンネル記者発表会に参加

separator

naver

 11月15日、韓国支社国際部文燦が韓国最大インターネットポータルサイトNAVER中国チャンネル始動記者発表会に参加した。

 NAVER中国チャンネルは韓国中央日報傘下の中国研究所が運営し、インターネットプラットフォームやスマートフォンアプリなどを通して、中国経済や文化、政治、社会などといったさまざまなフィールドにおいて、主に20代から40代のユーザーに向けてサービスを行っている。一ヶ月もしない間に、20万人以上のフォロワーを獲得した。運営会社は中韓両国の発展と交流に力を要れ、韓国のネットユーザーに、より客観的で、多元的な、趣味性があるプラットフォームで中国のことをもっと知ってもらえるようにしているという。

 NAVER中国チャンネルは新たに動画放送といったプログラムを増やした。韓国支社は翻訳を担当した「一帯一路」韓国語版は今後NAVER中国チャンネルと協力したいとの考えを述べ、先方も強い関心を寄せた。ドキュメンタリーの翻訳が完成し次第、韓国支社はNAVER中国チャンネルと中、韓両言語ディティールについて話し合う予定だ。今回を機に、春晩や、両会などといった中国国内の重大イベントの中継の可能性について話し合った。