中国国際電視総公司幹部、「シルクロードテレビ国際提携共同体」契約式出席

separator

  10月28日、中国国際電視総公司総裁薛継軍一同は株式会社ドワンゴ本社に訪問し、「シルクロードテレビ国際提携共同体」契約式に出席しました。株式会社中国電視代表取締役劉斌、ゼネラルプロデューサー張競克がともに出席しました。

 株式会社ドワンゴ代表取締役会川上量生が歓迎の辞を述べました。日本最大の動画サイトニコニコ動画の運営会社として、株式会社ドワンゴは常に中国情報の発信に注目しております。以前、ニコニコ動画を用いて中国中央電視台春節聯歓晩会や、中国建国記念閲兵式、杭州G20開幕式などといった中国のホットなニュースを生放送でお届けしました。今回はこの「シルクロードテレビ国際提携共同体」の契約をきっかけに、中国の声を発信する方法が常態化されるよう願うということでした。日本の視聴者がすぐに中国からの生の声を聞くことができるようにしたいとのことです。

 中国国際電視総公司総裁薛継軍は川上会長の発言を高度に評価しました。薛継軍総裁は、「海外に中国の生の声を届けることはすべての中国人の心の願いだ。今回、株式会社ドワンゴと『シルクロードテレビ国際提携共同体』全国放送の協約は、これからにとって重要な一歩を歩み始めた。今後も日本メディアとともに提携し、ウィンウィンの精神を以ってともに前へ進みたい。」と述べました。

图片4

薛継軍総裁と川上会長の注目の元、契約式は順調に終わった

 「シルクロード国際提携共同体」協議規定に基づき、中国側の大型ドキュメンタリー「一帯一路」は近日ニコニコ動画で放送され、株式会社中国電視日本本社および韓国支社は「一帯一路」の日本語版と中国語版を制作中です。

图片5

双方出席代表による記念撮影